東京メトロポリタン・ブラス・クインテットPlaysすぎやまこういち・ソングス

 ドラゴンクエストでゲーム音楽の世界を革命的に広げたすぎやまこういち氏。ゲーム音楽はその功績のほんの一部であり、数々の名曲を世に送り出した。その一端を見事に伝えているCDが、「東京メトロポリタン・ブラス・クインテットPlaysすぎやまこういち・ソングス」。

 氏はフジテレビのディレクターとして、「ザ・ヒットパレード」を企画し、低予算のため自らも音楽を数多く手がける。「ザ・ヒットパレードのテーマ曲」は、初期の作品だが、明朗で高揚感があり、その後の音楽を象徴している。
 「亜麻色の髪の乙女」は、ドビュッシーの音楽を換骨奪胎して見事な旋律美と叙情を生み出している。
 「君だけに愛を」「花の首飾り」「学生街の喫茶店」など、フォーク・ソングにもクラシックをベースにした品格がある。「ローマの雨」「恋のフーガ」など、ザ・ピーナッツの歌にも名曲が多い。
 東京メトロポリタン・ブラス・クインテットの演奏では、これらの旋律美を金管楽器のやわらかい音色で表現し、古雅な趣すら感じさせてくれる。

 アニメにおいても作曲で活躍した。ことに素晴らしいのは、「伝説巨神イデオン」の音楽である。異世界にいやおうなく突き進んでいく若者たちを象徴するオープニングの曲も見事。なにより、エンディングの「コスモスに君と」は、アニメ音楽で最も美しい曲のひとつと思っている。
 「帰ってきたウルトラマン」の主題歌は朝日にきらめくような素晴らしさ。ああ、帰ってきたんだという安堵感と高揚感で、真に勇気と希望を与えてくれる。

 すぎやまこういち氏は2021年9月30日に逝去されてしまったが、生み出された音楽は、その豊かによってずっと心を支えてくれる。 

東京メトロポリタン・ブラス・クインテットPlaysすぎやまこういち・ソングス

交響組曲「ドラゴンクエストV」天空の花嫁

 「ドラゴンクエストV」天空の花嫁は、シリーズの中でも特に優れた脚本であった。プレイヤーの気持ちに寄り添うすぎやまこういちの音楽があまりに素晴らしく、脚本と音楽が一体となり「ドラゴンクエストV」はRPGの傑作中の傑作となった。
 交響組曲「ドラゴンクエストV」天空の花嫁は、作曲者本人の指揮で、NHK交響楽団が演奏するこの上ない豪華な音楽。高揚感、優しさ、不安、焦燥感、怒り、悲しみ、達成感、およそあらゆる感情が音楽で見事に表現されている。プレイの体験とあいまって、クラシックでありながら、聴き手の心の振幅を大きく広げる。
 この音楽に身をひたすことは至高の喜びであった。すぎやまこういちのゲーム音楽における偉業が凝縮されたアルバム。

交響組曲「ドラゴンクエストV」天空の花嫁

アニメ・ミーツ・ジャズ

 「アルプスの少女ハイジ」「サザエさん」「ドラえもん」など、アニメの名曲がジャズで奏されるCD。  原曲の良さを生かしながら、変化に富んだおしゃれな雰囲気を味わえる。もたれない加減のアレンジが良い。セッションの楽しさが伝わってくるアルバム。

ANIME meets JAZZ

マンハッタン・ジャズ・オーケストラ・プレイズ・ディズニー

 「パイレーツ・オブ・カリビアン」「メリーポピンズ」「美女と野獣」「アラジン」など、ディズニー映画のテーマ曲をモチーフにしたマンハッタン・ジャズ・オーケストラによる、ジャズ・アルバム。
 名曲が多彩なアレンジで躍動感のある音楽になっている。
 旋律の美しさを生かしたゴージャズなビッグバンドジャズ。

マンハッタン・ジャズ・オーケストラ・プレイズ・ディズニー

風姿~忘れがたき男たち

 「七人の侍」「用心棒」「居酒屋兆治」「仁義なき戦い」「あにき」「赤ひげ」
 三船敏郎、高倉健、そこに居るだけで人生の重みが伝わってくるような男たち。その姿を見ているだけで心に迫る数々の映画やドラマ。その主題曲を山下洋輔、秋田慎治がジャズ風にアレンジし、演奏するCD。
 男の気骨を体現する曲をヴィヴィッドに表現した、陰影と叙情が交錯するアルバム。

風姿~忘れがたき男たち

式町水晶 希望への道

 ヴァイオリニスト式町水晶による2ndアルバム「希望への道」。前向きな姿勢が音楽に反映され、澄んだ音色で勢いよく演奏される。名曲とオリジナルが交互に収録され、内容もヴァラエティに富んでいる。明るく励まされるアルバム。

希望への道

江崎昌子 ショパン:ワルツ全集

 ピアノの詩人といわれるショパンの曲の中でも、ワルツはことにその感がある。初期の大規模でヴィルトオーゾな曲が、徐々に内省的な趣きとなっていく変化も、人生の移ろいを思わせるようで惹かれる要素の一つである。
 江崎昌子の演奏するピアノも、繊細な表現で一曲一曲の特質を浮き上がらせ、詩が織りなされるようなアルバムになっている。

ショパン:ワルツ全集

アカペラ・クリスマス

 ジャズ・コーラス・グループのマンハッタン・トランスファーによる初の全編アカペラ・アルバム「アカペラ・クリスマス」。
 冒頭の「ジングル・ベル」から、その精妙で洗練されたハーモニーに魅了される。アレンジも凝りに凝っており、高度な掛け合いがなされているが、それを実にナチュラルに歌うところが世界最高峰たるゆえんであろう。
 コーラスの見事さに感嘆するとともに、この上ない楽しさを与えてくれる最高のクリスマス・アルバム。

アカペラ・クリスマス

JITAN CLASSIC

 ヴァイオリン2本とピアノによるユニットTSUKEMENによる”JITAN CLASSIC”。「運命」「新世界」「ツィゴイネルワイゼン」などの名曲を時短ヴァージョンで演奏する。
 巧みなアレンジで3つの楽器とは思えない重厚なハーモニーを生み出している。「トルコ天国地獄行進曲」では「トルコ行進曲」とオペラッタ「天国と地獄」を合体させるという荒技を披露する。
 華麗なアレンジとヴァリエーションで楽しませてくれる勢いのあるアルバム。

JITAN CLASSIC

おんがくしつトリオ Theatrical

 ピアノ、リコーダー、鍵盤ハーモニカを駆使して映画音楽を演奏するCD。学校教育の定番といえる楽器だが、ここで展開される表現力には驚かされる。
 「ラ・ラ・ランド」「Shall we dance?」「雨にぬれても」「第三の男」「ドレミの歌」などの名曲が、トリオの絶妙な掛け合いで生き生きと奏される。
 シンプルな構成だが豊かに広がる心浮き立つアルバム。

Theatrical

IN 吹奏楽~TVドラマ編

 「篤姫」「相棒」「相棒」「王様のレストラン」など、ドラマのメインテーマが東京佼成ウィンドオーケストラによって奏でられるCD。
 ドラマのオープニングが、プロフェッショナルな吹奏楽によりいっそう華やかな輝きを増す。高揚感のあるアルバム。

IN 吹奏楽~TVドラマ編

高倉健 全曲集

 「唐獅子牡丹」「男涙の雨が降る」「網走番外地」など、高倉健の歌を収録したCD。
 ストイックな男の魅力でスクリーンに圧巻の存在感を示す高倉健の姿がうかぶ。哀感漂う昭和の残照。

高倉健 全曲集 NKCD-8032

SHAMISEN DYSTOPIA

 三味線でポップな曲が奏でられる「SHAMISEN DYSTOPIA」。レッツダンス(David Bowie)、ザ・リフレックス (Duran Duran)などの曲も三味線でファンキーに演奏される。
 合間に本格的な小唄も挟まれ、一種独特な世界を作っている。その音はどんな曲でも聴き手を幽玄な境地にさそいこむ。
 三味線の新たな魅力を解き放つ不思議なアルバム。

SHAMISEN DYSTOPIA

プロフェッショナル 仕事の流儀 柳家小三治

 「笑わせるもんじゃない つい笑ってしまうもの これが芸だと思うんですね」

 プロフェッショナル「仕事の流儀」第100回は、落語家、柳家小三治の仕事ぶりが描かれる。
 その悠揚たる話しぶりからは想像もつかないが、普段は苦虫をかみつぶしたような顔で、ほとんど笑わないようだ。
 かつて、師匠の五代目小さんから、お前の噺(はなし)は面白くないと言われ、深く悩んだ。「面白い」とはなにかを常に考える。求道する人生である。

「一番下からものを見るということができないと落語はできないなということも知った」

 笑わせない芸を目指し、「小さく小さく」演じる。小三治の落語は、無駄をそぎ落とす。そこから、落語そのものの面白さ、人の営みの豊かさが自然にじみでる。魅力の真髄はそこにある。

プロフェッショナル 仕事の流儀 第V期 噺(はなし) 家 柳家小三治の仕事 [DVD]

柳家小三治 子別れ(通し)

 柳家小三治による、「子別れ」上・中・下の通し口演のCDを聴く。
 「子別れ」は、「下」が名作の誉れ高い。しかし、「上」の葬式帰りに吉原に寄る熊五郎の酔態、「中」の熊五郎と奥さんとのやりとりをじっくりと聴いた後、「下」に接すると、熊五郎の変わりようが鮮烈に感じられ、登場人物によりいっそう心を寄せられた。
 2時間に渡る長丁場の落語だが、小三治の気迫のこもった語りにぐっと引き込まれた。真っ向勝負で人物の心のひだを表現した「下」の人情噺には、さすがに泣かされた。
 ひとりが複数の人を演じる落語の凄みを実感させられる記念碑的口演。

落語名人会(44)子別れ

人形町末広の思い出

 柳家小三治の「あの人とっても困るのよ」の続きとなる「人形町末広の思い出」。全編マクラの、二枚組CD。
 自らが被った災難や、かつてあった人形町末広にまつわる人々の思い出を語る。
 飄々とした語り口で、世の憂さを軽妙にあしらう懐の深さに心地よさを感じる。
 いつまでも聴いていられるおかしみを持った口演。

柳家小三治6「朝日名人会」ライヴシリーズ136ま・く・ら「人形町末広の思い出」

柳家小三治 あの人とっても困るのよ

 柳家小三治が、まくらだけを語るCD。2002年7月14日の口演を収録。とりとめもない話が延々と続くのだが、その語り口にひかれずっと聴き入ってしまう。
 初恋の人に別れを告げられたところで突然終わってしまい、なんでこんな中途半端なと思ったが、2枚目のCDがあることに初めて気づいた。2枚組で85分に及ぶオンリーまくらであるが、まったく飽きない。境地に達した至芸であろう。

柳家小三治5「朝日名人会」ライヴシリーズ135ま・く・ら「あの人とっても困るのよ」

柳家小三治 玉子かけ御飯

 柳家小三治の「マクラ」は、それひとつで新作落語のようである。「玉子かけ御飯」と「駐車場物語」の2編が収められている。玉子かけ御飯だけで、よく20分以上話せると感嘆する。「駐車場物語」は、人に対する温かい眼差しが感じられ、味わいがある。

柳家小三治トークショー 3 ~玉子かけ御飯
柳家小三治

柳家小三治 ニューヨークひとりある記

 柳家小三治が、単身ニューヨークにわたった体験を語る。英語をマスターするには、一人旅をしなくてはと出かけた先での失敗談の数々。大まじめで取り組んでいる様が、逆に面白さを引き立てる。

柳家小三治トークショー 2 ~ニューヨークひとりある記

柳家小三治 ドリアン騒動~備前徳利

 柳家小三治のマクラは、本題以上におもしろい。ドリアンにまつわるマクラがあまりに楽しいのであるが、「備前徳利」に入る際の呼吸があまりに見事。一転場の空気が変化する。まさしく名人芸。

柳家小三治II-4 ドリアン騒動~備前徳利-「朝日名人会」ライヴシリーズ45

柳家小三治 らくだ

 柳家小三治の落語「らくだ」のCDを聴く。
 小三治は弱者の描写が実にうまいが、この落語でらくだの兄貴分にこき使われるクズ屋も絶妙の味わいがある。
 70分に及ぶ大ネタであるが、徐々に熱気が高まっていき、どんどん引き込まれていく。一期一会の名口演。

落語名人会(29)らくだ

柳家小三治 文七元結

 柳家小三治の落語「文七元結」のCDを聴く。人情噺の代表作であるが、笑わせどころと泣かせどころのバランスの見事さが、小三治の語りで浮き彫りになる。小三治がそれぞれの人物に寄り添い演じる様に感じ入る。

落語名人会(43)文七元結

柳家小三治 厩火事/品川心中

 柳家小三治の落語「厩火事」「品川心中」のCDを聴く。どちらもCD1枚分の長さをもち、2枚組となっている。
 巧みな情景描写と、おかしみをもった絶妙の人物造形で楽しませてくれる。飄々と語る中で人の情をくっきりと伝える名人芸がここでも味わえる。

柳家小三治4「朝日名人会」ライヴシリーズ134「厩火事」「品川心中」

星寄席

 星新一のショート・ショートを原作とする落語3席を収録した音源。「戸棚の男」を古今亭志ん朝、「ネチラタ事件」「四で割って」を柳家小三治が語る。
 星新一の発想豊かなひねりの利いた話が、落語には良く合う。屈指の落語家2名によって、いやおうなくその世界に引き込まれる。特に、「ネチラタ事件」はまさしく落語にうってつけで、小三治の楽しそうな語りに終始笑いがこみ上げてくる。

星寄席

驟り雨/朝焼け [新潮CD]

 藤沢周平の小説「驟り雨」「朝焼け」を柳家小三治が朗読したCDを聴く。江戸を舞台にした、癒しと再生の物語。
 小三治の絶妙の語りが素晴らしい。

朝焼け/驟り雨 [新潮CD]

松本清張 左の腕 いびき

 柳家小三治は朗読の名手でもあった。

 松本清張の時代小説「左の腕」「いびき」を、柳家小三治が朗読したCDを聴く。清張の鋭い人間観察に裏打ちされた2つの短編は、ミステリアスな展開の妙味とあいまって引き込まれる。柳家小三治が、きっぷのいい台詞回しで小気味よく聴かせてくれる。
 清張の文章は、テンポといいすっと気持ちに入る表現といい、実に見事で感心する。

左の腕/いびき [新潮CD]

無宿人別帳 (文春文庫)

柳家小三治 野晒し

 柳家小三治の落語「野晒し」のCDを聴く。まくらが30分と、延々茶飲みばなしのように話しているのであるが、これが絶妙に楽しい。演じ手も観客となって笑い、場の一体感がある。まさに話の達人である。
 落語にスッとはいると、肩の力が抜けた独特のかるみを持った噺。いいあんばいの落語である。

柳家小三治II-1「野晒し」-「朝日名人会」ライヴシリーズ42

柳家小三治 あくび指南/不動坊火焔

 柳家小三治の落語「あくび指南」「不動坊火焔」のCDを聴く。「あくび指南」は、あくびの仕方を教えるというありえない話を、ディテール豊かに演じ、ほっこりとした気分にさせてくれる。「不動坊火焔」は、長屋連中のやりとりが楽しい、これまた軽い心持ちで聴ける口演。 

「あくび指南」「不動坊火焔」

柳家小三治 百川/厄払い

 柳家小三治の落語「百川」「厄払い」が収められたCDを聴く。
 「百川」では、田舎者の百兵衛、「厄払い」の与太郎と、ともに社会の弱者であり、ともすると暗い話になりがちである。しかし、小三治が演じると生き生きと精彩を放ち、言動が明るい笑いに変わる。
 小三治ならではの名人芸が堪能できる落語。

落語名人会(31)~柳家小三治7 百川/厄払い

柳家小三治 味噌蔵/小言念仏

 柳家小三治の落語「味噌蔵」「小言念仏」が収録されたCDを聴く。  「味噌蔵」は、けちな旦那が出かけた留守に奉公人たちが宴会を開く噺だが、この宴会が実に楽しそうで、それも、前半のケチぶりが徹底して描かれているが故である。緩急の妙が効いた構成感のある落語。
 「小言念仏」は、話し手によってまったく面白くなくなってしまう噺。小三治の闊達な話しぶりが、この難しい演目を生気溢れるエンターテイメントに昇華させている。

落語名人会(38)~柳家小三治14 味噌蔵/小言念仏

柳家小三治 提灯屋/かんしゃく

 小三治の落語は、肩の力を抜かせてくれる。「提灯屋」の、自由奔放な人々の姿には、溜飲とあこがれがないまぜになった思いを感じた。いつもは提灯屋的な立場にいるために余計そう感じるのだろうか。
 「かんしゃく」 は、権力と表裏になったかわいげが巧みに表現され、余韻が残る落語。

落語名人会(39)~柳家小三治15 提灯屋/かんしゃく

アクセスランキング

Ajax Amazon

  • Amazon.co.jpアソシエイト
  • UserLocal
  • Ajax Amazon
    with Ajax Amazon