ファンタスティック Mr.FOX

 ロアルド・ダールの児童文学を原作とする映画「ファンタスティック Mr.FOX」。キツネの父親と農場主との対決を軸に、多くの動物たちとの交流を描く。
 ロアルド・ダールのスパイスが効いたユーモアと、ストップモーション・アニメーションの独特な動きが奏功し、たいへん楽しめる作品になっている。
 それぞれのキャラクターの個性が生き、群像劇としても秀逸。それにしても、これだけ多数のキャラクターを操るストップモーション・アニメには、気が遠くなるような手間がかかっているのではないか。
 独特の世界に引き込まれる快作。

ファンタスティック Mr.FOX(字幕版)

タイタニック

 山に囲まれた群馬で生まれ育った身にとって、海はあこがれの対象である。北海道へ旅するときも、新潟まで北上し、そこからフェリーに乗って小樽まで行くというルートをとっている。これが一番料金も安く、車も運べ、そしてなにより海を満喫できる。フェリーが港を離れ、白い波を広げながら沖に出ていく。その波の先ある新潟の街を見ながらワインを飲むのは最高に気持ち良い。船の旅は海の広がりにも似た開放感を与えてくれ、また船内に入ると、陸から切り離されたことによる独特の情緒を感じることができる。
 ジェームズ・キャメロン監督の映画「タイタニック」で一番感動したのも、海に浮かぶタイタニック号の勇姿なのだ。映画の最初の方で、ディカプリオ演じる若い画家とその友人が船首のデッキで、タイタニックによる船出の喜びと自分たちの未来に向けての期待を手を広げて表すシーンがある。そこからカメラは上がっていき、タイタニックを映す俯瞰になり、甲板をずーっと移動して船尾からタイタニックを捉えるショットになる。実写では難しい映像で、コンピュータ・グラフィックスも使われているのだろうが、作り物とはとても思えないみごとなシーンであった。夕暮れ時の海も、夜のタイタニックのシルエットも本当に美しく、その航海にあこがれてしまう。そして船内に入れば、極めて精巧に再現されたタイタニックの豪華な内装が目を引く。ヒーローとヒロインの階級の差によって1等船室と3等船室の差をまざまざと見せていく演出もうまいなあと思った。この前半の描写が美しく見事だからこそ、後半の惨劇がより身に迫ってくるのだろう。
 氷山にあたってから沈むまでは、思ったより時間があった。そこでじっくりと描かれる様々な人間模様は、船という閉ざされた空間により、際だった密度を持っていた。その中でも心を打たれたのは、最後まで自らの職務を全うしようとする人々の姿だ。パニックに陥る人々を制止して女子供を救命ボートに乗せようとする船員、最後まで演奏を続けるクァルテットのメンバー、船と運命を共にする船長や設計者。
 この映画では、水が主役でもあった。冒頭で沈むタイタニックを描く海中の映像も見事であり、損傷した船を襲う海水の迫力も、エイリアン以上の恐怖を与えてくれる。ジェームズ・キャメロン監督は、ジュニア・カレッジで海洋生物学を専攻していたとのこと。「沈黙の世界」などで知られる海洋探検家のジャック・イヴ・クストーにも影響を受けたようだ。また、キューブリック監督の「2001年宇宙の旅」にSF映画を作るきっかけを与えられた。大学では物理学を専攻しており、それら理系のセンスも、この映画のリアルさに貢献しているのかも知れない。
 主役のディカプリオは、繊細さと明るさを持った画家の卵という役柄が、ほんとうに輝くようにあてはまっていた。ケイト・ウィンスレットは、上流家庭のお嬢様なのに、情熱的な踊りを披露したりすぐに脱いでしまったりと、ずいぶんと活動的で強い役柄で、まあ、これくらいのアクがないとこの巨大な映画の中ではうもれてしまうのかなと思う。二人の恋愛にはいまひとつ感情移入できなかったが、それは自らのトシのせいだろう。それにしてもヒロインの婚約者を演じるビリー・ゼーンといったら、いきなりピストルをぶっぱなしてディカプリオを追い回したり後からもネチネチとつけまわして、そのしつこさは、まるで「ターミネーター」のようであった。
 史実に基づいた重みをもっているからこそ、この映画が圧倒的な迫力を持っているのだろう。「インディペンデンス・デイ」などのフィクションが、あまりにも軽く感じられる。どうせ多額のお金をつかうならば、このような歴史を緻密に再現したドラマをもっと作って欲しいように思う。

タイタニック (字幕版)

レヴェナント

 アメリカの西部開拓時代、熊に襲われながらも、奇跡的に生還をはたしたヒュー・グラスを描いた映画「レヴェナント」。
 重傷を負い置き去りにされたグラスは、付き添わずに逃げた人物に復讐を誓う。
 厳寒の地における美しい映像と苛烈な展開で見るものを惹きつける。レオナルド・ディカプリオの迫真の演技に圧倒されるサヴァイヴァル映画。

レヴェナント:蘇えりし者 [Blu-ray]

J.エドガー

 FBI長官、エドガー・フーヴァーの生涯に基づいた映画。クリント・イーストウッド監督による、2011年の作品。レオナルド・ディカプリオの演技が見事。
 アメリカの現代史をなぞりながら、フーヴァーのキャラクターとFBIの組織が構築される過程を多面的に描いている。

J.エドガー (字幕版)

ブラッド・ダイヤモンド

 アフリカのシエラレオネを舞台に、紛争の資金調達のため不法に取引されるダイアモンドをモチーフにした映画。
 反政府武装勢力に村を襲われ、組織に捕まった漁師ソロモンは、強制労働の最中に大粒のダイアモンドを発見し、埋めて隠す。ソロモンが隠したダイヤの存在を知ったアーチャーは、ダイヤを手に入れるべく共に動き出す。
 シエラレオネの内戦を基にしたサスペンス。アフリカの自然の描写がたいへん美しく、重い内容の中で救いを与えてくれる。

ブラッド・ダイヤモンド (字幕版)

アビエイター

 飛行機と映画に情熱を傾ける実業家、ハワード・ヒューズの生き様を描く映画「アビエイター」。チャレンジングでかつ神経質な人物を、レオナルド・ディカプリオが演じる。ヒューズと恋に落ちる女優キャサリン・ヘップバーンをケイト・ブランシェットが鮮やかに表現する。
 映画にかけるヒューズの情熱にあおられるかのように、この映画も惜しみなく労力が払われている。
 アカデミー賞5部門受賞に輝く大作。

アビエイター(字幕版)

キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン

 パイロット、医師、弁護士などになりすます若き天才詐欺師と、それを追うFBI捜査官を描いた映画「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」。2002年に公開されたスティーヴン・スピルバーグ監督作品。
  レオナルド・ディカプリオが家庭内の不和から詐欺師になっていく繊細かつ大胆な主人公を演じる。追う側のトム・ハンクスは非情一徹な捜査官というより、温かみが感じられる役柄。犯罪を扱っているが人間味あふれる映画となっている。

キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン (字幕版)

マイ・インターン

 ファッション通販を手掛ける会社にシニア・インターン制度で入社した老人と周囲の人々を描くヒューマン・ムービー。
 ロバート・デ・ニーロ演じる老人が実に素晴らしい。自らの経験を生かして周囲に若い人々に影響を与えていく。一代で会社を大きくしたやり手の若社長をアン・ハサウェイが演じ、ロバート・デ・ニーロとのやりとりが楽しい。
 このように年をとりたいと思わせてくれるハート・ウォーミングな映画。

マイ・インターン(吹替版)

インターンシップ

 巨大企業 Google のインターンシップに参加した中年コンビを描くコメディ映画「インターンシップ」。ヴィンス・ヴォーンとオーウェン・ウィルソンが、ネットの専門知識もない中で、アイディア勝負で奮闘する。
 Google の社風も垣間見られ、気軽に楽しめる映画。

インターンシップ (字幕版)

キャスト・アウェイ

 飛行機が墜落し、絶海の孤島に流れ着いた男の運命を描いたロバート・ゼメキス監督の映画「キャスト・アウェイ」。島に流れ着く積み荷を使ってのサバイバルが興味深い。極限状態におかれる主人公をトム・ハンクスが体を張って演じている。

キャスト・アウェイ (字幕版)
トム・ハンクス, ヘレン・ハント, ニック・サーシー, クリストファー・ノース, ロバート・ゼメキス

アクセスランキング

Ajax Amazon

  • Amazon.co.jpアソシエイト
  • UserLocal
  • Ajax Amazon
    with Ajax Amazon