東京メトロポリタン・ブラス・クインテットPlaysすぎやまこういち・ソングス

 ドラゴンクエストでゲーム音楽の世界を革命的に広げたすぎやまこういち氏。ゲーム音楽はその功績のほんの一部であり、数々の名曲を世に送り出した。その一端を見事に伝えているCDが、「東京メトロポリタン・ブラス・クインテットPlaysすぎやまこういち・ソングス」。

 氏はフジテレビのディレクターとして、「ザ・ヒットパレード」を企画し、低予算のため自らも音楽を数多く手がける。「ザ・ヒットパレードのテーマ曲」は、初期の作品だが、明朗で高揚感があり、その後の音楽を象徴している。
 「亜麻色の髪の乙女」は、ドビュッシーの音楽を換骨奪胎して見事な旋律美と叙情を生み出している。
 「君だけに愛を」「花の首飾り」「学生街の喫茶店」など、フォーク・ソングにもクラシックをベースにした品格がある。「ローマの雨」「恋のフーガ」など、ザ・ピーナッツの歌にも名曲が多い。
 東京メトロポリタン・ブラス・クインテットの演奏では、これらの旋律美を金管楽器のやわらかい音色で表現し、古雅な趣すら感じさせてくれる。

 アニメにおいても作曲で活躍した。ことに素晴らしいのは、「伝説巨神イデオン」の音楽である。異世界にいやおうなく突き進んでいく若者たちを象徴するオープニングの曲も見事。なにより、エンディングの「コスモスに君と」は、アニメ音楽で最も美しい曲のひとつと思っている。
 「帰ってきたウルトラマン」の主題歌は朝日にきらめくような素晴らしさ。ああ、帰ってきたんだという安堵感と高揚感で、真に勇気と希望を与えてくれる。

 すぎやまこういち氏は2021年9月30日に逝去されてしまったが、生み出された音楽は、その豊かによってずっと心を支えてくれる。 

東京メトロポリタン・ブラス・クインテットPlaysすぎやまこういち・ソングス

交響組曲「ドラゴンクエストV」天空の花嫁

 「ドラゴンクエストV」天空の花嫁は、シリーズの中でも特に優れた脚本であった。プレイヤーの気持ちに寄り添うすぎやまこういちの音楽があまりに素晴らしく、脚本と音楽が一体となり「ドラゴンクエストV」はRPGの傑作中の傑作となった。
 交響組曲「ドラゴンクエストV」天空の花嫁は、作曲者本人の指揮で、NHK交響楽団が演奏するこの上ない豪華な音楽。高揚感、優しさ、不安、焦燥感、怒り、悲しみ、達成感、およそあらゆる感情が音楽で見事に表現されている。プレイの体験とあいまって、クラシックでありながら、聴き手の心の振幅を大きく広げる。
 この音楽に身をひたすことは至高の喜びであった。すぎやまこういちのゲーム音楽における偉業が凝縮されたアルバム。

交響組曲「ドラゴンクエストV」天空の花嫁

アカペラ・クリスマス

 ジャズ・コーラス・グループのマンハッタン・トランスファーによる初の全編アカペラ・アルバム「アカペラ・クリスマス」。
 冒頭の「ジングル・ベル」から、その精妙で洗練されたハーモニーに魅了される。アレンジも凝りに凝っており、高度な掛け合いがなされているが、それを実にナチュラルに歌うところが世界最高峰たるゆえんであろう。
 コーラスの見事さに感嘆するとともに、この上ない楽しさを与えてくれる最高のクリスマス・アルバム。

アカペラ・クリスマス

柳家小三治 子別れ(通し)

 柳家小三治による、「子別れ」上・中・下の通し口演のCDを聴く。
 「子別れ」は、「下」が名作の誉れ高い。しかし、「上」の葬式帰りに吉原に寄る熊五郎の酔態、「中」の熊五郎と奥さんとのやりとりをじっくりと聴いた後、「下」に接すると、熊五郎の変わりようが鮮烈に感じられ、登場人物によりいっそう心を寄せられた。
 2時間に渡る長丁場の落語だが、小三治の気迫のこもった語りにぐっと引き込まれた。真っ向勝負で人物の心のひだを表現した「下」の人情噺には、さすがに泣かされた。
 ひとりが複数の人を演じる落語の凄みを実感させられる記念碑的口演。

落語名人会(44)子別れ

柳家小三治 あの人とっても困るのよ

 柳家小三治が、まくらだけを語るCD。2002年7月14日の口演を収録。とりとめもない話が延々と続くのだが、その語り口にひかれずっと聴き入ってしまう。
 初恋の人に別れを告げられたところで突然終わってしまい、なんでこんな中途半端なと思ったが、2枚目のCDがあることに初めて気づいた。2枚組で85分に及ぶオンリーまくらであるが、まったく飽きない。境地に達した至芸であろう。

柳家小三治5「朝日名人会」ライヴシリーズ135ま・く・ら「あの人とっても困るのよ」

柳家小三治 玉子かけ御飯

 柳家小三治の「マクラ」は、それひとつで新作落語のようである。「玉子かけ御飯」と「駐車場物語」の2編が収められている。玉子かけ御飯だけで、よく20分以上話せると感嘆する。「駐車場物語」は、人に対する温かい眼差しが感じられ、味わいがある。

柳家小三治トークショー 3 ~玉子かけ御飯
柳家小三治

柳家小三治 らくだ

 柳家小三治の落語「らくだ」のCDを聴く。
 小三治は弱者の描写が実にうまいが、この落語でらくだの兄貴分にこき使われるクズ屋も絶妙の味わいがある。
 70分に及ぶ大ネタであるが、徐々に熱気が高まっていき、どんどん引き込まれていく。一期一会の名口演。

落語名人会(29)らくだ

バンド・ワゴン

 舞台を作り上げようとする人々の奮闘を描いたアメリカのミュージカル映画「バンド・ワゴン」。フレッド・アステア、シド・チャリシー主演のヴィンセント・ミネリ監督作品。
 1953年公開の映画だが、数々のミュージカル・ナンバーと踊りに彩られ実に楽しめる。当時の映画界の熱気と勢いを感じさせるまさにザッツ・エンターテイメント。

バンド・ワゴン [Blu-ray]

志の輔 みどりの窓口 しじみ売り

 志の輔の落語「みどりの窓口」は、何度聴いても面白い。みどりの窓口に訪れる人々の描写が秀逸で、笑いと共にサービス業の悲哀を感じさせる。
 「しじみ売り」は澄んだ冷気の中でしんみりと語られる場の雰囲気が巧みに醸され、味わいがある人情噺。

志の輔らくごのごらく(3)「みどりの窓口」「しじみ売り」―「朝日名人会」ライヴシリーズ31

包丁人味平

 「包丁人味平」は最もわくわくした漫画のひとつ。1973年から1977年に週刊少年ジャンプに連載された作品であり、子どもの頃、その単行本の発売が待ち遠しくてしょうがなかった。
 日本料理人の息子「味平」が成長していく物語である。まだ「グルメ」という言葉すら日本に存在していなかった時代、様々な料理や料理人の姿が描かれていた。
 小さな洋食料理店の修行に始まり、「包丁試し」「点心礼勝負」といった料理の対決が繰り広げられる。また、デパート間の経営上の威信をかけた「カレー戦争」など、組織としての対決も見られた。
 そこでは大小の料理に関する蘊蓄が繰り広げられる。原作者牛次郎お得意の大風呂敷のものもあるが、それはそれでまことに楽しい物語であった。
 料理の多様さと料理人の矜持を、昭和の熱気の中に描く「包丁人味平」は、職業漫画のルーツであり、日本漫画界のエポックメイキングとも言える名作である。

包丁人味平 〈1巻〉 包丁試し1

包丁人味平 全12巻セット (集英社文庫―コミック版)

アクセスランキング

Ajax Amazon

  • Amazon.co.jpアソシエイト
  • UserLocal
  • Ajax Amazon
    with Ajax Amazon