柳家小三治 あの人とっても困るのよ

柳家小三治が、まくらだけを語るCD。2002年7月14日の口演を収録。とりとめもない話が延々と続くのだが、その語り口にひかれずっと聴き入ってしまう。
 初恋の人に別れを告げられたところで突然終わってしまい、なんでこんな中途半端なと思ったが、2枚目のCDがあることに初めて気づいた。2枚組で85分に及ぶオンリーまくらであるが、まったく飽きない。境地に達した至芸であろう。

柳家小三治5「朝日名人会」ライヴシリーズ135ま・く・ら「あの人とっても困るのよ」

It’s Show Time「ざぶとん」と「おたまじゃくし」

 春風亭昇太が落語家30年を記念して作成したCD。栗コーダーカルテットとのコラボによる「吉田さんのソファー」など、独自の噺が展開される。「城好きの人」など、自らの歌も入った好き放題のCD。

It’s Show Time「ざぶとん」と「おたまじゃくし」
春風亭昇太 ザ・フルーツ SWA(林家彦いち 三遊亭白鳥 春風亭昇太 柳家喬太郎)

寺山修司作詞+作詩集

 寺山修司が作詞をした曲と、詩の朗読が収められた2枚組CD。1枚目には、フォーリーブス「涙のオルフェ」、カルメン・マキ「時には母のない子のように」、本田路津子「戦争は知らない」、愛川欽也「山羊にひかれて」、「与謝野晶子」朝丘雪路など、陰をたたえた独特の情感をもった曲が多い。
 2枚目は、詩の朗読である。詩も叙情豊かで味わいがあるが、バックの音楽も素晴らしい。内藤洋子、萩原朔美、竹脇無我などが山木幸三郎の欧風なしゃれた音楽にのって朗読し、しばし時を忘れて聴き入る。
 レーシングカーの事故で亡くなった福沢幸雄に捧げた「男が死ぬとき」は、詩も音楽も極めて印象に残る。
 深い叙情をたたえたアルバム。 

寺山修司作詞+作詩集

寺山修司ラジオ・ドラマCD「まんだら」

 北国の港町に迷い込んだ娘と土地の若者の心が交錯する。祭囃子のにぎわいの合間にふとみた地獄絵。生と死の境をたゆたう若者たちの姿を描いた寺山修司の叙事詩。

寺山修司ラジオ・ドラマCD「まんだら」

寺山修司 山姥

 寺山修司作のラジオ・ドラマ「山姥」のCDを聴く。1964年、28歳の作品だが、姥捨て伝説をモチーフに、狂言の形式を取り入れたドラマは、鮮烈な印象を残す。イタリア賞国際コンクール・グランプリ受賞作品。

寺山修司ラジオ・ドラマCD「山姥」

寺山修司ラジオ・ドラマCD「犬神歩き」「箱」

 寺山修司が手がけたNHKのラジオ・ドラマのCDを聴く。1963年の「犬神歩き」1964年の「箱」が収録されている。「犬神歩き」は、犬神に憑かれた母親の姿を通して、因習と孤独を描く凄惨な話。
 「箱」は、一転、軽やかに飛び交う言葉と湯浅穣二作曲の児童合唱が彩る大人の寓話。

寺山修司ラジオ・ドラマCD「犬神歩き」「箱」

アート・ペッパー・ミーツ・ザ・リズム・セクション

 ”アート・ペッパー・ミーツ・ザ・リズム・セクション”は、1957年の演奏だが、音質がたいへんクリアで、臨場感のあるジャズが楽しめる。
 特に、トップの名曲”YOU'D BE SO NICE TO COME HOME TO”の演奏は素晴しい。

アート・ペッパー・ミーツ・ザ・リズム・セクション+1(SHM-CD)

中村八大作品集

 「上を向いて歩こう」「遠くへ行きたい」「おさななじみ」「こんにちは赤ちゃん」「世界の国からこんにちは」「明日があるさ」など、昭和に名曲を生みだした中村八大作曲作品を集めた2枚組CD。
 歌詞に寄り添うように紡がれる音楽は、自然と胸に沁み、心に残る。その偉大な才能に、敬愛の念すら覚える。
 普遍的な輝きをもつ、心を潤すアルバム。

明日があるさ~中村八大作品集

広瀬香美 SUCCESS STORY

 広瀬香美の3rdアルバム「SUCCESS STORY」。「ロマンスの神様」などのヒット曲を含む。
 伸びやかで力強い歌唱が元気を与えてくれるアルバム。

SUCCESS STORY

みんな愛したドラマの歌

「キイハンター」「おくさまは18歳」「おれは男だ! 」「飛び出せ!青春」「アイフル大作戦」「Gメン'75」「俺たちの旅」など、昭和の名作ドラマ主題歌を集めたCD。
 どの曲も、メロディーや歌詞が自然にすっと入ってくる。人々の心をとらえたドラマは、テーマ音楽も時代を超えて魅力を放っている。

みんな愛したドラマの歌

アクセスランキング

Ajax Amazon

  • Amazon.co.jpアソシエイト
  • UserLocal
  • Ajax Amazon
    with Ajax Amazon