スーパーカミオカンデ

Utyusenkenkyujo

 2020年、多くの逝去された著名な方々がおられたが、とりわけ感慨深かったのは11月12日に亡くなられた小柴昌俊氏の訃報である。氏はニュートリノ天文学を開拓し、2002年にはノーベル物理学賞を受賞された。
 実際にお会いしたのは、大学の研究室における先輩の結婚式で仲人としていらしたときである。帝国ホテルでの式に参加し、良き時を過ごすことができた。

 その先輩とのご縁もあって、2009年3月、スーパーカミオカンデの内部を家族で見学することができた。
 岐阜県の山中にある施設の入口が最初わからず、ガードレールもない急峻な崖沿いの狭い道をどんどん上っていった。遥か下に川が見える崖から転落する恐怖におびえながら車を運転し、頂上に近い所で行き止まりになってようやく行き過ぎたことに気付き引き返した。
 施設の入口は、シャッターがひとつあるだけの何の変哲もない寂しい場所であった。ほどなくシャッターが開き、東大の先生が運転する専用車両が出てきてホッとした。
 子どもたちは宇宙線研究所で借りたヘルメットをかぶり、懐中電灯を手にして冒険気分で楽しそうであった。
 錆びたバンで鉱山跡の奥深くまで乗っていき、ようやく施設にたどり着く。内部には狭い部屋があり、壁を大きく占めるモニターには色とりどりの点が明滅していた。地下の巨大な水槽に据え付けらている光電管で捉えた素粒子を示すものであった。宇宙の真理を解明する試み、純粋に知的な営みが静かになされていることに感銘をおぼえた。基礎科学の重みを実感した体験であった。

 2020年はコロナ禍でイレギュラーなことが多い1年であった。それだけに、普遍的な科学への関心を高めることの重要性を痛感する年であった。

 「ミクロとマクロは繋がっている」
 小柴氏の言葉は、今も大切な視座を与え続けてくれる。

 2009年3月21日 スーパーカミオカンデ

達磨寺 鼻高展望花の丘

Hanadaka01

 今年は家族で遠出をしなかったので、年賀状用の写真を撮るために近くの少林山に行く。
 少林山達磨寺は群馬県高崎市の古刹であり、縁起物の生産地に近く多くのだるまが奉納されている。
 晩秋であり、人もあまりいないであろうと思っていたが、意外なことに寺の駐車場には多くの車が停まっていた。しかも県外のナンバーが多く、紅葉のシーズンでもあり人気のスポットだったのかもしれない。

Hanadaka06

Hanadaka02

 境内からは榛名山などが望まれ、紅葉に彩られた風景が見られる。

Hanadaka03_2

 達磨寺からほど近い、鼻高展望花の丘に行く。四季折々の花が植えられているスポットである。コスモスの季節が有名であるが、晩秋にもかかわらず鮮やかな色合いの花が植えられていた。
 花畑の向こうに、高崎市街や榛名山などが遠望できる。広やかな景色に心も自然とおだやかな気分になる。

Hanadaka04

Hanadaka07

 近くの長坂牧場からの眺望も素晴らしく、新鮮なミルクで作られたソフトクリームを食べながら景色を満喫した。Hanadaka06_2
Hanadaka05

 鼻高の高地からは、浅間山、妙義山など群馬を囲む霊峰が一望できる。
 これら峨々たる山塊が、群馬県人の心の襞を四季折々の情景と共に耕し、情感豊かな人々を育てているのではないかと感じさせられた。

少林山 達磨寺

長坂牧場 みるく工房タンポポ

となりのトトロ

 田舎に引っ越してきたサツキ・メイの姉妹と不思議な生き物との交流を描く「となりのトトロ」。
 最初に劇場で観たとき、そうそう、こういう映画を待っていたんだよと快哉を叫びたくなる作品だった。日本を舞台にこれほどファンタジックな世界が展開された例があるだろうか。サツキとメイがトトロの胸にぶら下がって飛ぶシーンは、何度見ても泣いてしまう。
 田舎の情景があまりに素晴らしいため、時折見返したくなる。久石譲の音楽もそよ風のように心地良い。温かみに満ちたジブリの名編。

となりのトトロ [DVD]

ペット2

 ペットたちの活躍を描くCGアニメ「ペット2」。「ペット」の続編で、動物の描写や表情がより細やかになっている。桜が咲き誇るニューヨークから始まる。背景描写が素晴らしい。
 気軽に家族で見られる映画。

ペット2 (吹替版)

クレヨンしんちゃん オトナ帝国の逆襲

 最も感動した映画、何度思い出しても感動する映画を挙げるとすれば、ためらうことなく原恵一監督の「映画クレヨンしんちゃん オトナ帝国の逆襲」を挙げる。この作品は別格である。
 1970年の大阪万博のシーンから始まり、昭和のノスタルジーを漂わせながら、今を生きることをじっくりと考えさせてくれる。お笑いの要素を散りばめつつ、心底感動させる脚本は、奇跡的。こどもの日に家族で見て、その感をいっそう強くした。
 全ての世代が楽しめ、見る人の心を暖め、家族や自分の人生を大切にしようと自然に思わせてくれる。日本映画の傑作中の傑作。

映画クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ モーレツ! オトナ帝国の逆襲

オズランド

 地方の遊園地に配属された新入社員を描く映画「オズランド」。波瑠主演、波多野貴文監督による2018年公開作品。
 テーマパークを支える人々が丁寧に描かれ興味深い。西島秀俊、柄本明が味のある演技をみせる。テンポ良く進む脚本ですっと見られる。
 家族で気軽に楽しめる青春映画。

オズランド 笑顔の魔法おしえます。

クレヨンしんちゃん ヘンダーランドの大冒険

 「ヘンダーランドの大冒険」は、クレヨンしんちゃんの劇場映画第4作。
 舞台となる「群馬ヘンダーランド」は、「東北自動車道館林インターチェンジから30分」の場所にあり、桐生市の設定のようだが、榛名湖を思わせる湖の中にあるテーマパーク。ちなみに、演出を手がけた原恵一は、館林市出身である。
 テンポの良いストーリーを持ち、個性的なキャラクターが生かされ、初期のクレしん映画の傑作。

映画 クレヨンしんちゃん ヘンダーランドの大冒険 [DVD]

モクモク村のけんちゃん

九ちゃん 「『ごめんなさい』って言われたら、けんちゃんなんて言う?」
けんちゃん 「『いいですよ』って言うな。」
九ちゃん 「それそれ、それが "That's all right." さ。」

 「モクモク村のけんちゃん」は、1970年代当時のTBSブリタニカの英語教材として製作された紙芝居。カセット5巻に収められた物語で、当時小学生だった自分は何度聴いても飽きなかった。美しかった村が遠くからの煙によって汚い空気と川になってしまい、元の村に戻すためにけんちゃんが冒険をする物語。暖かみのある絵と、明瞭なストーリーにより、自然と英語の世界に引き込まれていく。環境問題を予見した内容でもあった。
 けんちゃんが冒険をする国が、英語で話されているという設定が秀逸で、聴き手は、けんちゃんが言葉を覚えていく過程で自然と英語に馴染んでいく。案内役の九官鳥の九ちゃんを通じて、英語の意味がわかるようになっており、実に見事な脚本。小学校英語活動においても参考になる要素がある。
 永らく入手困難な幻の教材であったが、最近、ブリタニカ・ジャパンよりパソコン用のデジタル紙芝居として復刻された。
 子ども用英会話教材の金字塔ともいえる優れた作品。

モクモク村のけんちゃんDVD

ブリタニカ・ジャパン 「モクモク村のけんちゃん」

デジタル紙芝居 FIRST STEPS IN ENGLISH「モクモク村のけんちゃん」 [DVD]

新美南吉童話選集 1

 新美南吉の童話「ごん狐」「牛をつないだ椿の木」「でんでんむしのかなしみ」を、岸田今日子が朗読したCD。「ごん狐」はあまりに有名であるが、岸田今日子の朗読で味わいが深まる。
 「牛をつないだ椿の木」は、当時の情景を偲ばせる。献身の美徳を実直に綴った作品。「でんでんむしのかなしみ」は短い中に思いが凝縮された掌編。
 素朴な中に抒情をたたえた作品集。

児童文学朗読CD集 新美南吉童話選集(1) [ 岸田今日子(朗読) ]

高崎高校 第67回 翠巒祭

 群馬県立高崎高等学校の第67回翠巒祭が、2019年6月1日、2日に行われた。
 校門に据え付けられたアーチは、カンボジアのアンコールワットをモチーフとしている。

Suiransai2019_01

 校舎入口の装飾は、美術班が手がけている。昨年度、次男が携わっていたが、今年も大学の休みの日に手伝いに行き、シャツやズボンを絵の具まみれにして帰ってきていた。

Suiransai2019_02

 内部の装飾も、例年以上に完成度が高くなっている。

Suiransai2019_03

Suiransai2019_04

 校舎出口の装飾は、飛翔感があり楽しい。

Suiransai2019_05

Suiransai2019_06

 出口内部の壁画風装飾は昨年度を踏襲していて嬉しいと次男が言っていた。

Suiransai2019_07

Suiransai2019_08

Suiransai2019_09

 校舎一面をおおう壁画は、ドイツの「ベルリン大聖堂」をモチーフとしている。
 生徒全員が関わって作り上げたモザイク作品。

Suiransai2019_10

 中庭では最初に和太鼓部の演奏が行われた。
 観音山を背景に、若き漢たちが乱舞し熱気があふれていた。

Suiransai2019_11

Suiransai2019_12

 数学部では、割り箸などを組み合わせた道をビー玉がころがる長大なルートが作られていた。
 吹奏楽部の木管四重奏によって栗コーダーカルテットよろしく、ピタゴラスイッチの音楽が奏でられ、楽しい雰囲気を醸していた。

Suiransai2019_13

Suiransai2019_14

 鉄道研究部では、2017年に開館した高崎アリーナも作成され、凝った展示となっていた。

Suiransai2019_15

Suiransai2019_16

SSHの展示会場の黒板。

Suiransai2019_17

 喫茶店の窓にあしらわれた切り絵。

Suiransai2019_18

 マンドリン部は、今年も群馬大会で優勝し、全国大会に出場する。
 力強さのみでなく、繊細な表情がより豊になったようだ。

Suiransai2019_19

 フォトモザイクは、ゴッホの自画像。写真5000枚で構成されている。

Suiransai2019_20

 校舎入口前の情景。巨大壁画を背景に、模擬店や音楽演奏など、まさしくフェスティバルの趣き。

Suiransai2019_21

 「バラの香におう 学舎にて友よ」
 草野心平作詞、芥川也寸志作曲の校歌の一節。今年も変わらずバラが咲き誇っていた。

Suiransai2019_22

Suiransai2019_23

 創立122周年を迎える伝統校の文化祭は活気に溢れ、将来への希望を感じさせてくれる。

高崎高校 第67回 翠巒祭

アクセスランキング

Ajax Amazon

  • Amazon.co.jpアソシエイト
  • UserLocal
  • Ajax Amazon
    with Ajax Amazon